高校生がアルバイトを辞める理由

高校生であってもいつかはバイトを辞めることになります。では、高校生はいったいどんな理由でバイトを辞めているのでしょうか。いくつかの代表例について詳しくお話しします。
16_R

バイトを辞める時にはちょっとしたマナーもあります。「無断で仕事を辞めるのは最悪の方法」に詳しく掲載しているので参考にしてください。何も考えずに辞めてしまうと、バイト先にも多大な迷惑をかけてしまうことになるかもしれませんよ。

 icon-anchor 雰囲気になじめなかった

雰囲気というと少し抽象的な物言いになってしまいますが、その多くは「人間関係」となります。上司との関係が悪い場合もあれば、同僚との関係が悪い場合もあります。

高校生であっても、人に対する好き嫌いはあります。もちろんある程度は対応できると思いますが、我慢の限界に達してしまうこともあり、結果的に辞めてしまう方が思ったよりおも多いのです。

  • 耐えられる方法はあるのか?

現状としては難しいでしょう。大人になってからなら、お金のためと割り切ることもできるでしょう。しかし、高校生にそこまで求めるのは酷です。

  • ちょっとした対処法について
愚痴を言い合えるバイト仲間を作ってください。愚痴を少し言い合っただけでもすっきりとして、続けられる可能性はあります。共通の悩みを持っている仲間がバイト先にいると思えば気分も大きく変わってくるのです。

給与が安い

バイトなので時給となりますが、高校生であったとしてもバイトをする目的はお金を稼ぐことです。ほかに魅力的な時給となっている職場があれば、そちらに魅力を感じるのは普通です。

給与が安く、今後上がるような雰囲気がないのであれば、やめるのも一つの方法になります。バイトで雇い主側と給与交渉するのはかなり難しいことなので、魅力的な給与のバイト先が見つかったらやめてそちらで働き始めるのがおすすめです。

  • 働きながら面接を受けるのも問題なし

辞めてからでなければほかのバイトの申し込みをしてはいけない、といった決まりはありません。ただ、申し込み先には、「まだバイトを行っており採用が決まったらやめる」と伝えておきましょう。

辞めると現在のバイト先に伝えてからも2週間から1か月程度は働き続けなければなりませんので、その点は注意してくださいね。

このページの先頭へ