高校生がアルバイトを始める前に注意すべきこと

高校生がバイトを始める時の注意点について調べてみました。高校生だからこそ気を付けて対応しなければいけないことがいくつもあるので注目ですよ。
18

簡単な労働規則といったものも大事です。高校生は、制度上からも守られている存在なのです。大人と全く同じ働き方はできないといった決まりがあるのでその点は事前に把握しておくべきです。

また高校生であっても大人と同じように契約社会に出ていくことになります。実は、あまり安易にバイトを始めて大事(おおごと)になってしまうこともあるので注意してくださいね。

 icon-warning 高校生と労働規則の関係性に関する注意点

  • 労働時間が決められている

高校生が働ける時間帯は、法律によって設定されています。具体的には午前5時から午後10時までしか働けないのです。逆に考えれば、午後10から翌朝5時までは働けません

高校生がこの規則を知っていなくても、実際にそれほど問題にはなりませんが、勉学に影響が出ることもありますので、仮に強制されたとしても働かないでくださいね。

ちなみに、雇い主側に強制力がかかっています。もしも高校生を午後10から午前5時までの時間帯で1分でも働かせたら罰則が与えられてしまうのです。

  • 夜勤手当がもらえない
夜の10時から翌朝5時まで働けないので、夜勤手当は高校生はだともらえません。25パーセントアップ時給が上がる時間帯でもあるのですが、この点はマイナスと捉えられます。

大学生になれば夜勤もできるので、それまでの我慢です。

 icon-volume-up 雇用契約の注意点

  • 話と計画内容が異なっていないか確認をすること!

高校生でもトラブルになりがちなのが、契約書です。面接のときと実際に働いた時に違いが出てくることもあります。時給が話よりも50円から100円安い、なんてこともあります。

契約書をしっかりと読み込むと、時給が低く設定されていたといったことが後からわかることもあるのです。雇用契約書に関しては、最初から最後までしっかりと目を通したうえで契約を結んでください

このページの先頭へ