高校生はアルバイトをしていても小遣いをもらえる?

お小遣いがもらえるかは家庭の状況にもよります。必ずしももらえるわけではないので、難しいです。そもそも、高校生のお小遣いはどれくらいの額なのでしょうか。高校生のバイトとお小遣い状況について調査してみました。
21_R

  • 高校生の平均お小遣い額:7,000円

この金額について高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれだと思います。もちろん学年による一概もあるでしょう。高校1年生と高校2年生、そして高校3年生では支給される額に大きな違いがあるといわれています。

ある家庭の例だと、高校1年生の時に月に5,000円高校2年生の時に月に7,000円高校3年生の時に10,000円といった金額にしているとのことです。このくらいの学年による差を設けている家庭が一般的だと思います。

では、高校生がバイトを始めた場合、どの位の確率でお小遣いを支給してもらえているのでしょうか。

もらっている高校生が多い!

実は大学生と高校生では大きな違いがあります。大学生のほとんどはバイトをするとお小遣いは支給してもらえません。一方、高校生の場合は、金額を減らして支給してもらっている例が多いです。

  • 普段は7,000円だけど、アルバイトを始めたら3,000円
このような決まりを設けている家庭が非常に多いので、高校生はしっかりと把握しておく必要があります。もちろん、バイトを始めて損することはありませんが、一度始めるとそのお小遣い額にずっとなってしまうリスクもあります。

 icon-anchor バイトをする前に親との約束を作ろう

バイトを始めてもお小遣いをもらい続けたいなら、親の言うことを聞くことがおすすめです。ルール作りを行うのです。

  • 携帯代金は自分で支払う
  • バイトの日も必ず夜の10時までには家に帰宅する
  • テスト前はなるべくシフト量を減らして勉強に専念する

このような簡単な約束を設定してください。親も安心してアルバイトを認めてくれやすくなりますよ。

ちなみに夜10時までに帰宅するといったことですが、「高校生がアルバイトを始める前に注意すべきこと」で紹介したように高校生は夜の10時以降は働けないので守りやすいと思います、10時いっぱいまで働きたいなら、11時帰宅程度で打診してみましょう。

このページの先頭へ