高校生アルバイトの面接

高校生がバイトに応募するときに最も恐れているのが面接です。そもそも、バイトの面接を受ける経験はあまりないわけです。どんな質問をされるのか、戦々恐々な方も少なくありません。
28_R
では、高校生はアルバイトの面接対策をどのように行えばいいのでしょうか。非常に難しいテーマにもなりうる部分です。参考になることをお話ししますので、実際に面接を受ける時に参考にしてもらえたら幸いです。

そもそも、ほとんどのケースでアルバイトの採用試験として面接が実施されます。その面接の出来次第で、落選してしまうこともあるのです。どんなバイトの面接であっても自信を持って受けられるようにしていきましょう。

 icon-bell-o どんな質問が来るのかを想定しよう

あまり考えすぎると、予想していなかった質問が来ると混乱してしまいますので、いくつか重要なものだけを考えておきましょう。実際に必ずされるタイプ質問があるので、それだけに対策を実施するのです。

  • 当社(当店)を希望した動機は?
  • 長所と短所は?

以上の二つはスムーズに答えられるようにしておくのが肝心です。特に重要になるのが、志望動機です。必ず、応募先の会社に対する志望動機を述べてください。「人に触れ合える仕事がしたかったから。」では応募先の志望動機にはなりません。「御社の明るい雰囲気に魅力を感じ・・・」といった感じで個別に設定するのがベストです。

長所と短所ですが、特に注意しなければいけないのが短所です。あまりにきつい短所だと思わせないようにしましょう。「責任感が強すぎるところがあり、心配性なのが短所です。」とプラスにもとらえてもらえるようなものを設定すべきです。

緊張して当然と思う!

そもそも、バイトの面接は誰でも緊張します。自分だけではないので、その点は理解しておくだけでも、少し落ち着けるはずです。

ちなみに、高校生のバイトの面接はそれほど厳しく行われません。人数に余裕があれば、多少ミスをしても採用してくれるものです。かえって多少緊張しているほうが初々しさにもつながって良い結果になることだってありますよ。

このページの先頭へ