高校生の無許可アルバイトについて

高校によっては、学校としてアルバイトを禁止している例もあります。実際にそのような学校で無許可のアルバイトをしてしまうとどうなるのでしょうか。詳しく解説するので、通っている学校がバイトの許可制を採用している方は必見です。
29

まず、一般的話は前提としてさせてもらいます。確かに、高校としてバイトを許可していないところはあります。しかし、実際には多くの学生が学校に許可を取らずにバイトをしています。ですから、あまり気にしなくても問題はないといったとらえ方もできるのです。

バイト側が学校の許可を得ているか確かめてくるケースもある

このケースは、学校側に許可をもらわなければいけないので注意しましょう。学校側にバイトを行いたい旨を申請し、仕事内容を吟味してもらい、許可が下りるか、下りないか、といったことが決定するのです。

ちなみに、学校側がバイトを認めてくれるケースですが、家庭環境があります。生活が苦しい家庭の生徒に限ってバイトを認める学校もあるので、そのあたりも考えたうえで学校側に申請を行ってください。

  • 親の許可だけでバイトさせてくれる職場もある

バイト先によっては、学校の許可は必要ないとしているところもあります。親の承諾書だけ用意してくれれば雇うといったものです。実際に、高校生の多くを雇っているバイト先についてはそのような方針を採用しているところも多いです。

 icon-warning 学校に無許可でバイトしている時の注意点

  • 学校から遠い場所でバイトしよう
学校から近くの職場で働いてしまうと、先生に見つかってしまう場合もあります。特にコンビニなどは、どの年代の人も利用するので、学校の近くでは働かないでください。先生に発覚すると、家に連絡が行ってしまい、辞めさせられてしまうかもしれません。
  • 学校にバイトが発覚した場合

さすがにすぐに退学になるといったことはありません。注意だけで済むケースが多いです。もちろん、バイトについては無許可で行っていたので、やめなければなりません。注意以外の処分としては、学校内の清掃といったものがあります。重い場合には、謹慎処分となるので注意してください。

このページの先頭へ