高校生のアルバイトを禁止する理由

高校生のアルバイトを学校側が禁止しているケースは非常に多いです。

でも実際にバイトしている高校生もいるし、求人サイトでも高校生を募集していますよね?



出典 http://www.yokosojapan.net/

そういった高校生がバイトをしているのは、以下3つのパターンに分けられます。

  • 1.学校に許可をもらってバイトをしている学生
  • 2.そもそも学校がバイトを容認している
  • 3.こっそりバイトをしている学生

1と2は問題ありませんが、3の「こっそりバイトをしている学生」についてですが、

高校生のアルバイトが禁止と言っても、実際に行っている方は少なくありません。許可を取らずにみんなバイトをしているのです。ばれたとしてもそれほど重い処分が下されることはありません。「高校生の無許可アルバイトについて」に、その処分内容は記載しています。

黙ってバイトをしたとしても、基本的に発覚する可能性は低いです。だからこそ企業側も高校生のアルバイトを募集しているわけです。

高校生バイトの求人が多いところとしては、バイトルバイトークがおすすめです。

高校生OKの求人はバイトークで3,300件以上、バイトルに関しては、関東だけでも13,000件以上あります。

バイトークをおすすめする理由としては、採用祝い金だけで最高30,000万をGETできること、バイトルをおすすめする理由としては、求人数が多いので好きな仕事を見つけやすいことになります。

学校はなぜバイト禁止を掲げているのでしょうか?

それはバイトが勉強の邪魔になってしまうからです。

高校は、とにかくしっかりと勉強してもらい、留学退学することなく卒業してもらいたいのです。

学校によっては、有名大学に生徒を進学させたいとも思っています。バイトをしていると、その分勉強できないわけです。

だからこそ、バイト禁止を掲げているのです。

しかし、実際にバイトをしたからと言って勉強がおろそかになるでしょうか。

もちろん、まったく邪魔にならないわけではありません。しかし、募集している企業もしっかりと対応してくれます。

そして、テスト期間中は休ませてくれる職場が多いです。

テスト期間中は勉強をしなければならないので、シフトを外してくれるといった対応をしてくれるところは思ったよりも多いのです。

ですから、高校生側としてもあまり心配する必要はありませんよ。

犯罪に巻き込まれてしまう可能性がある

  • 夜の帰りが遅くなる
  • 不良グループの仲間となってしまう

バイトをすることで社会に出ていくことにもなります。新しい世界との出会いがあるわけですが、そこにはもちろんリスクがあります。学校側はそれを危険視しているのです。

確かに、帰りが遅くなるので、犯罪に巻き込まれてしまうケースもあります。バイト先で不良少年などと出会い一緒に遊ぶようになってしまうかもしれません。その結果、学校に来なくなり、退学になってしまって例もあるのです。だからこそ学校も禁止を掲げざるを得ないといった理由も隠れています。

バイトはいい社会勉強になりますし、「お金を稼ぐ」ことを経験するのは今後の人生に役立つものです。
禁止されているからといって諦めず、バイト求人サイトで良い求人があれば応募してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ