1人で出来るアルバイト

高校生の中には、大人数で行うようなバイトに拒否反応を示す方もいます。一人で行えるバイトをこちらでは紹介するので、自分の性格を顧みてあっていると思ったら応募してみましょう。
9_R

ちなみに一人で行うバイトは孤独といったデメリットもあります。人間関係があまり得意でないからと言って、必ずしもマッチしているとは限らないので注意してください。

 icon-anchor クリーニング店のアルバイト

ほかの店員がいないわけではありません。しかし、一つの持ち場に一人ずつ配属されるケースが多いので、一人でできるアルバイトとなっています。

  • 受付を任せられることが多い

高校生については、受付業務を担当することが多いです。挨拶がしっかりとできて、お客様の希望などを聞くような仕事になります。クリーニング商品の受け取りと返却といったことがメインの仕事になります。

もちろん最初には研修があります。その時は先輩や店長がついてしっかりと教えてくれますが、独り立ちしたらあとは個人的に仕事していくことになります。

着ぐるみを着るタイプのアルバイト

テーマパークや特定の施設のイベントなどで仕事することになります。特に夏休みに募集されるケースが多く高校生向けの仕事です。

  • 子供とのコミュニケーションが必要

着ぐるみを着ていると、子供たちがよってくることが多いです。声を出していいわけではないので、基本的に体を使ったコミュニケーション業務となります。

小刻みに休憩がはさまれますが、その時以外は個人的に仕事を行います。顔をさらしてのバイトでもないので、知り合いにばれてしまうリスクも少ないです。

その他の一人で行うバイトについて

  • デモンストレーション系のアルバイト

試食販売や試飲販売といったものを行います。基本的に一人で持ち場を任せられて、特定の商品をアピールする仕事になります。料理をすることもあるので、料理が趣味な高校生にもおすすめです。

ちなみに、時給が高いといったメリットもありますよ。

  • 警備員のアルバイト

高校生では基本的にできませんが、一人でできるアルバイトの代表例なので紹介します。

特定の施設やイベントなどを警備する仕事になります。工事現場の交通整理の仕事もあります。基本的に18歳以上の方ができる仕事内容となっています。夜勤が多いのも特徴です。

このページの先頭へ