長期でのアルバイトならじっくり吟味

短期バイトは1日夜二日で終わるものもあるので、自分の性格に合っているとか考える必要がありませんが、長期バイトはそうもいきません。じっくり考えて選ぶ必要がありますが、どんなことを考えて選べばいいのかについて解説します。
10_R
特にバイトとの相性を確認してください。今までアルバイト経験があるなら、それを参考にしても良いでしょう。

販売業があっていましたか?
飲食店があっていましたか?
工場の製造業があっていましたか?

まずは、こんな簡単なことから長期アルバイト探しを始めてみるのがおすすめです。

体力についても注目しよう

バイトの中には、かなり体力が必要とする仕事もあります。体力がある方は問題ありませんが、あまり体力がい方も多いでしょう。

  • 飲食店
  • 運送会社の仕分け業務
  • 工事現場など

上記のような仕事は基本的に体力が必要です。中学生時代などに、運動部で鍛え上げた方なら問題ないと思いますが、あまり運動してこなかった方にはきついと思います。

  • 販売員
  • 事務員
  • 受付
  • コールセンタースタッフなど

上記のようなアルバイトに関しては、それほど体力が必要ではありません。ずっと座っていればよいといった仕事も中にはあります。

ちなみに性格的にも体を動かした方が気楽といった方もいれば、じっとしているほうが気楽といった方もいます。自分が性格的にどちらに属しているかも考えてみましょう。

 icon-bell-o 社員登用についても考えてみよう

長期アルバイトに関しては、働き方に問題がなければ社員登用制度がある職場も少なくありません。高校生はそこまで考えないかもしれませんが、もしかしたら長期バイトから就職につながるかもしれないのです。

店長や社長などに気に入ってもらえれば、就職活動はほぼしなくてそのまま就職へつながる可能性だってあります。

もしも社員登用も考えて長期アルバイトを探している方は、社員として働いてみたいと思っている職場を探してみるのもおすすめですよ。

このページの先頭へ