カフェでのアルバイトにも色々な店舗がある

高校生のあこがれがカフェアルバイトですが、店舗によって仕事内容やハードさなどが変化してきます。では、実際に店舗によってどのような違いがあるのでしょうか。
11_R

高校生とカフェアルバイトの相性を最初に説明します。とても良いといえます。カフェでも高校生バイトを募集しているケースが多いです。

キッチンではなく主にフロアの仕事となりますが、特殊なスキルは必要ないので採用側も気軽に募集しているのです。高校生側に関しても気軽に応募できる職種と言って間違いありません。

 icon-anchor こんなカフェまであるの?カフェの種類を徹底調査!

  • バー要素をプラスしたカフェ

昼間はコーヒー提供を主体としたカフェですが、夜になるとワインなどを提供するバーに変化するカフェのことを指しています。高校生は夜勤ができないのでおもに、一般的なカフェの時に働きます。

ただ、制度上は午後10時まで働けますので、バーに変化した後も働けます。バースタッフとしての知識も身に付くので大学生になった後にも役立つ知識が身に付きます。

  • メイドカフェ

主に女子高生が働ける職場となります。制服がメイド服調となっており、アニメが好きな女子に人気が高い職場となっています。メイドの役割を果たしながら接客します。

飲み物の提供や食事の提供、さらにオムライスのケチャップで文字やマークを書いたり、一緒にお客さんと写真撮影するといった業務もあります。

  • スイーツ系カフェ
スイーツの提供をメインとしたカフェとなります。最近ではパンケーキ店がブームになっています。女性に人気のショップが多いのが特徴です。仕事内容はスイーツの提供がメインでコーヒーなどの飲み物の提供もあります。
  • 一般のカフェ

世界的にあるような一般的なカフェについては、基本的に飲み物の提供が一般的です。パンなどの一部の食べ物もありますが、朝やお昼の時間帯といった時以外はあまり注文されないかもしれません。

カフェで働くときの注意点

注意しなければならないのが、素早い行動です。客単価が低いので回転率を上げなければいけません。テーブル席の清掃などを素早く行うのです。

このページの先頭へ