高校生のアルバイトとは?

高校生のアルバイトを考える時はいくつか知らなければいけないこともあります。特に重要と思えることをいくつか解説します。高校生で倍バイト計画中の人は必見です。
32_R

社会人のアルバイトと高校生のアルバイトは全く別物になります。高校生は、お小遣い稼ぎのために行うケースが一般的です。社会人の場合は、生活するために行っているのです。同じアルバイトでもその内容は大きく異なる部分があるのです。

 icon-bell-o 働ける時間帯の違い

高校生アルバイトで最も注意してほしいのが、“労働時間の制限”です。24時間いつでも働いてよいわけではありません。高校生は、法律によってしっかりと守られている存在なのです。

  • 夜勤をしてはいけない

高校生アルバイトと社会人アルバイトの最も大きな違いには、夜勤があります。夜勤は夜の10時から翌朝5時までを指していますが、その時間は1秒たりとも高校生は仕事をしてはいけないとされています。午後10時ぴったりで仕事を終えなければいけないのです。

これは高校生アルバイト側が働きたいと申し出たとしても認められることはありません。制度としてしっかりと決められているものなのです。そもそも、雇い主側が、高校生を夜10時以降まで働かせようとはしないはずですよ。

16歳以上可、または高校生可としているアルバイトで働ける

  • どんなアルバイトでも働けるわけではない
高校生としては少し厳しい部分になりますが、どんなアルバイトにでも応募できるわけではありません。雇い主側によっては高校生の雇用を避ける例もあるのです。求人情報をチェックすると、高校生を避けているのか、歓迎しているのかがよくわかります。

高校生歓迎!

求人情報に上記のような文言が発見できたら、そのバイト先は高校生を募集しています。しかも、積極的に歓迎してくれているのです。一方で、「18歳未満不可」、「高校生不可」としている求人情報には応募しても無駄なのであきらめましょう。

高校生を募集していないのには理由があるはずです。たとえば、夜勤をしてもらいたいといったことや、普通自動車運転免許が必要であるといったことです。無理やり応募しても良い結果は得られませんよ。

このページの先頭へ