無断で仕事を辞めるのは最悪の方法

特に高校生や大学生に多いので注意してください!バイトを無断でやめた経験はありませんか?これは職場に多大な迷惑をかける行為です。断りを入れてから辞めればなりません。
4r
ただ、学生でもあれば、仕事の正式な辞め方を理解している方もあまりいませんよね。こちらでは、その正式とされるバイトの辞め方について解説します。これは将来バイトではなく、正社員として働き始めても役立つ知識になるので覚えておきましょう。

 icon-anchor 正式な仕事の辞め方について

  • 直属の上司にやめると伝えること
直属の上司といった言い方は少し難しいかもしれません。店舗で働いているなら、“店長さん”に伝えておけば良いのです。毎日顔を合わせている相手だと思うので、気軽に話しやすい関係を築いておくと良いかもしれません。
  • いつ伝えるのか?

仕事中に伝えるのは少しマナー違反です。できれば仕事が終わって、終業作業が終わっている状態の時に伝えると良いでしょう。忙しくしている時はなるべく避けてください。

24時間営業の職場の場合は、終業のタイミングはないので、伝えやすい時間帯で構いません。とにかくやめたいといった意志をきちんと伝えることがまずは大切です。伝えるタイミングがなかったから無言でやめてしまう、なんてことはないようにしましょう。

  • やめたい日から何日くらい前に伝えるのか?
直前に伝えてしまうと職場が混乱するので気を付けてください。バイトの場合は、2週間くらい前で構わないといった話もあります。しかし、“1か月くらい前”に伝えておくのがマナーです。これは正社員の仕事の辞め方にも関連してきます。

なぜ1か月も前から伝えておかなければならないのか?

  • 欠員を埋めなければならない

アルバイトも重要な戦力です。一人欠けてしまうと、急にシフトに穴が開いてしまいます。それを埋めるためには、新たにバイトを募集しなければならないのです。

そしてやめる方が働き続けている間に、新人バイトに対してある程度の研修を行い、戦力となった時点でやめてもらうのを理想としているのです。店舗側として、1か月程度の期間がどうしても必要な理由がわかりましたか?

このページの先頭へ